ハチミツ梅干の秘密/蜂蜜入りと蜂蜜漬け梅干は違います。

高級梅干の梅芝 内中源蔵 梅芝 本文へジャンプ

昨今、蜂蜜入り梅干を良く見かけます。

しかし、蜂蜜梅干と蜂蜜入り梅干は大きく違います

原材料(紀州南高梅(和歌山県田辺)・海塩(和歌山県串本)・ハチミツ(奥熊の山みつ)・赤紫蘇(和歌山県田辺))

南高梅の山みつ梅干


ハチミツ入りとハチミツ漬けは違います。


お気をつけ下さい。最近、市場に出回っているハチミツ入り梅干。


ハチミツ入り梅干とは、甘い梅干を製造する際にハチミツを少しでも使用していれば「はちみつ入り梅干」表示出来ます。しかし、梅芝の梅干の甘さ成分は天然ハチミツのみを使用しております。コスト削減ならハチミツ入りを作りますが、梅芝は天然の素材に拘ります。

梅芝の梅干は、奥熊野の天然ハチミツのみを使用し、糖類は勿論合成甘味料スクラロースやステェビアなど一切使用しておりません。もし、梅干をお買い求め際はぜひ、品質表示を見て下さい。
南高梅


梅干の原材料にもご注意!!

梅干の原材料について

梅干の選び方
1.梅の産地をご覧下さい。紀州南高梅の表示がありますか?

※最近の品質表示は輸入物の梅でも産地で加工するとその産地を表示出来ます。つまり、中国産などの梅干でも二次加工をした場所の表示が出来ます。販売者又は製造者が紀州和歌山にで梅林を所有しているかお確かめ下さい。


2.添加物をお確かめ下さい。

通常梅干は梅と塩だけで梅干(白干し)を作ります。一般的な梅干のしそ梅干は国産の紫蘇を塩漬けした物を使用します。梅芝の紫蘇は自家栽培の赤紫蘇を使用しております。


3.塩はどこの塩ですか?

梅芝では和歌山県串本の海塩「満月の塩」のみを使用しております。一般の塩は国産40%程度、後は輸入品だそうです。


4.甘さ成分は何ですか?

梅芝では天然のハチミツのみを使用しております。
ハチミツにも産地があり輸入品が悪いとは言いませんが、国産のほうが安心です。
他、甘さを出すのに一般的な砂糖を使用する梅干もありますが、加唐と言われる甘味料もあります。加唐は砂糖より甘く安価なため使用している梅干も多々見かけますね。更に安価で甘くするには、ステビアスクラロースなどの甘味料を使用すると更に安く梅干が製造出来ると言う訳です。
梅芝の梅干は、原材料は全て国産の紀州南高梅・和歌山県串本産の海塩・自家農園の紫蘇・奥熊野山みつ(専属のきこりの方と取引しております。


5.防腐剤や保存料は入っていませんか?

常温保存では塩分9%未満ではカビがきたり、腐敗したりします。もし、塩分9%未満の梅干があったら品質表示を見て下さい。梅芝の梅干はハチミツ漬け梅干だけ塩分9%に設定しております。
余談ですが、塩分20%以上の梅干は賞味期限を表示する義務がございません。つまり、そのままでもカビがきたり腐敗したりしないと言う事となります。


塩分9%?の秘密
無添加のため塩分は9%に設定しております。塩分9%以下ですと、保存料や防腐剤が必要です。(塩分9%未満の梅干は賞味期限が短いか保存料や防腐剤を含むと言う事になります。)

南高梅の由来や先駆者については、梅芝の秘密 をご覧下さい。
拘りの有機栽培/無添加の上級梅干

山みつ南高梅の梅干
高級南高梅をはちみつで漬込んだ甘い梅干。


山みつ漬けは開封後、冷蔵庫で保管下さい。白干し・紫蘇漬けは常温保存です。
梅には種があり、先がとがっている場合がありますのでご注意下さい。
南高梅は非常にやわらかく皮が少々破れている場合がございます。(つぶれ梅ではございません。)
化学肥料や農薬を一切使用しないため梅に小傷がある場合がございます。
高級梅干を低価格お届けするB級グルメの梅芝
梅芝のご案内

 Copyright c 2010.梅干の梅芝 .All Rights Reserved